Event is FINISHED

【5/20(水)Webinar】インド現地法人の事業存続と危機管理 ~COVID-19に伴うインド現地法人レジリエンスのあり方~

Description
★リブライトパートナーズ 蛯原 健氏 登壇★     
インド現地法人の事業存続と危機管理
~COVID-19に伴うインド現地法人レジリエンスのあり方~

多くの日本企業が事業展開を行なうアジアでは、新型コロナ・ウイルス(COVID-19)の流行以前から、米中貿易戦争や経済成長の鈍化、政治的混乱など様々なリスク要因が叫ばれていましたが、今回のCOVID-19の甚大な広がりに伴い、世界規模で事業運営とビジネスの存続が死活問題として明白になり、すべての企業が変化の真っただ中にあります。

日系企業の海外現地法人の運営の危機対応に目を向けた場合、これまで暗黙知で見過ごされていた危機管理に対する企業意識や現地法人運営のあり方に全面的な見直しが必要であるということが、ようやく叫ばれて始めており、“グローバル本社”である日本本社には、これらのリスクを回避・最少化するための迅速な対応がこれまで以上に求められています。

特に営業・マーケティングや製造・技術部門に比べてリソースが不充分であることが多いバックオフィス分野では、本社側の理解と支援が一層重要になると同時に、有事における体制を盤石に整えたプロフェッショナルからの支援、つまりアウトソースという概念が再度注目を集めています。

トライコーでは前回ご好評いただいた「アジア現地法人の事業運営セミナー」を国ごとにシリーズ化、初回は現在も全土封鎖が続くインドを取り上げ、インドにおけるCOVID-19の現状と政府の事業救済策、インド既進出のグローバル企業の動向など最新情報をお伝えします。

またゲストスピーカーとして、ASEAN・インドに特化し、アーリーステージのスタートアップ企業への投資や日本企業様と現地のスタートアップ企業の連携を支援する リブライトパートナーズの蛯原 健氏が登壇。
米欧の多国籍企業がインドにおいてスタートアップを巻き込みつつ、いかに最先端のオープン・イノベーションに取り組んでいるか、について最新事例も織り交ぜつつ解説します。

開催概要
■日 時:2020年5月20日(水)17:00~18:15(日本時間)
■対象者:本イベントは、以下の方を対象とさせて頂きます。
    ・インドに進出をご検討の企業様
    ・既にインドに現地法人をお持ちの企業様
    ・インドにおけるCOVID-19に関連した最新の情報および現地法人運営のリスク管理について知りたい企業様
    ※申込先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます。
     また、1社から複数名のお申込みがあった場合、
     2名様までの参加とさせていただく場合があります。ご了承ください。  
■定 員:40名(予定)
■参加方法:zoom Webinarへの参加方法およびURLは、お申込み時に登録いただいた皆さまのメールアドレスに5/18(月)までにお送りいたします

セミナープログラム:(日本時間)
17:00~17:05
 zoom機能の説明
17:05~17:10
 開演のご挨拶/開催趣旨
Neeraj Sharma Senior Executive Director Nexdigm Tricor India
17:10~17:40
 COVID-19 が与えるインドへの影響とインド現地法人における今後の事業運営のあり方
 ~グローバルカンパニーの活用例を通じて~
<講師>
 トライコー・ジャパン 山内 奨(ディレクター アウトバウンド事業部)
17:40~17:55
 グローバル企業のインドにおけるイノベーション戦略
<講師>
 Rebright Partners Pte Ltd 蛯原 健(代表パートナー)
17:55~18:15
 質疑応答
18:15
 閉会
※プログラム内容は事前の予告なく変更する可能性があります。
※当セミナーは同業他社、個人の方のご参加はお断りしております。予めご了承ください。
※企業より参加の方は個人のメールアドレスからのお申し込みはご遠慮ください。(会社のメールアドレスよりお申込みください。)

講師紹介

山内 奨
トライコー・ジャパン
ディレクター アウトバウンド事業部
株式会社パソナで6年間中国華南地区のマネジメントに従事。2017年、株式会社コーチ・エィに入社し日系企業の役員、部長クラスへの1on1コーチングキャリアを積んだのちに2018年8月トライコー・ジャパンに入社。
毎月数か国のアジア視察を通じて、現地法人運営に伴う日系現地法人の抱える課題、日本本社の抱える課題をそれぞれの立場から考察し、現地国での健全な法人運営に求められるバックオフィス業務のあり方をコンプライアンスの視点から支援。


蛯原 健
Rebright Partners Pte Ltd
代表パートナー
’94年 横浜国立大学 経済卒、日本合同ファイナンス(現JAFCO)に入社以来、20年以上にわたりベンチャーキャピタルおよびスタートアップ経営に携わる。’08年 リブライトパートナーズ株式会社を日本で設立しスタートアップ投資育成に携わり、2010年よりシンガポールに事業拠点を移し、東南アジアでのベンチャー投資を開始、また2014年にはインドに常設チームを設置し投資活動を始める。

※ご挨拶

Neeraj Sharma
Nexdigm Tricor India
Senior Executive Director - Direct Tax and Regulatory
21年以上インド国内企業およびグローバル企業に対する国際税務、国内税務、移転価格、規制、政策問題などのアドバイザリーとして活躍。また、インド国内の所得税控訴審、関税、サービス税控訴審を含む様々な控訴審、高等裁判所や最高裁判所での訴訟支援にも深く携わっており、国境を越えた課税、インドの税務およびインバウンドおよびアウトバウンド投資の規制体制や物品・サービス税についても、アドバイザリーと訴訟の両面から豊富な経験を有している。


<個人情報管理規程>
■本セミナーにかかわる個人情報の取扱い
本セミナーにかかわる個人情報は、トライコー株式会社とNexdigm Tricor India、Rebright Partners Pte Ltd、およびリブライトパートナーズ株式会社とで共有されます。当該両者が取得する個人情報は、本セミナー開催に係る運営業務、並びに今後の当該両者からの情報提供等の目的で共同利用させて頂きます。お預かりした個人情報は、お客様からの同意を得ている場合、法令等により要求された場合を除いて第三者への提供はいたしませんが、ご本人への資料発送など、利用目的の達成に必要な範囲内で第三者に取り扱いを委託する場合があります。

1.個人情報の利用目的
お預かりしたお客様の個人情報は、お問合わせ頂いた内容についてご本人様にご連絡させて頂くために保有・利用させていただきます。
2.個人情報の保護
お客様の個人情報を漏えい、滅失又はき損から保護するために必要かつ適切な措置を講じます。
3.個人情報の第三者提供
お客様の個人情報を、法令等に定める場合を除いて、ご本人の同意なく、第三者に提供することはございません。
4.個人情報の取扱いの委託
当社は、お客様の個人情報の取扱いを他社へ委託することはございません。
5.個人情報の利用目的通知・開示・訂正・利用停止等の請求
お客様は当社に対して自己に関する個人情報の利用目的の通知、および、個人情報の開示を請求することができます。また、当社の保有する皆様の個人情報に誤りや変更があった場合は訂正、追加、削除を請求することができます。さらにまた、個人情報の利用停止、消去、または第三者提供停止を請求することができます。
6.個人情報をご記入(入力)していただく際の注意点について
任意の項目をご記入いただけない場合は、当社からの連絡が到達しない、あるいは遅くなる場合があります。
7.本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得について
クッキー等を用いるなどして、本人が容易に認識できない方法による個人情報の取得は行なっておりません。
8.お問い合わせ窓口
個人情報の利用目的通知・開示・訂正・利用停止等のご請求、その他ご不明な点につきましては下記までご連絡ください。

(個人情報相談窓口)
担当:トライコー株式会社 PMS事務局
〒106-0047 東京都港区南麻布3-19-23オーク南麻布ビル2階
E-mail : privacy@jp.tricorclobal.com
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#582021 2020-05-14 04:45:11
Wed May 20, 2020
5:00 PM - 6:15 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
受講票 インド現地法人の事業存続と危機管理 FULL
Organizer
トライコー・ジャパン
204 Followers